【コスパ最強】ガレリアXT(GALLERIA XT)の評価を独自目線でレビュー!

評価:4.5

タツP

今回はガレリアシリーズの中で人気No.2のGALLERIA XTがなぜ人気なのか説明、解説をしていきます!

どーも!タツPです!@tatsu_gadget

今回はガレリアシリーズで2番目の人気を誇る、GALLERIA XTを参考になるように、隅々まで説明や解説をしていきます!

高性能なCPUのCore i7-9700Fや大容量ストレージを搭載しているGALLERIA XTはハイスペックPCの1つです。

人気No.1のGALLERIA XFよりも値段も安く、それでいてGALLERIA XTもどんなゲームにも対応可能!

GeForce GTX 1660 SUPERやCore i7-9700Fの解説も分かりやすく説明していきますので、ぜひ参考にしてみてください!

GALLERIA XTのスペック評価

性能
OS Windows 10 Home 64ビット
CPU Core i7-9700F
グラフィックボード GeForce GTX 1660 SUPER 6GB GDDR6
メモリ 16GB DDR4 SDRAM
SSD 512GB NVMe
HDD 2TB
電源 500W 静音電源 (80PLUS BRONZE)
サイズ 207(幅)×520.7(奥行き)×450.2(高さ) mm
価格 129,980 円(+税)

 

メリット:GALLERIA XT

メリット
・13万円で高スペックゲームPCが買える!
・高性能なCore i7-9700Fを搭載しているので、処理が速い!
・SSDとHDDのどちらもストレージで標準搭載!

タツP

ゲームPCの中でもハイスペックで、処理も速く、大容量ストレージがついているのが◎

 

デメリット:GALLERIA XT

デメリット
・グラフィックボードがGeForce GTX 1660 SUPERなのが少し心もとない
・本気でゲームがしたい場合はスペックが若干低い
・メモリが16BGなので平行作業が多い人は少ない可能性がある

タツP

高いスペックのPCと比べるとグラフィックボードが前世代のものなので、本気でゲームをしたい人は気になるかもしれません。

 

GALLERIA XTの大きさ

207(幅)×520.7(奥行き)×450.2(高さ) mmという大きさがあるのがGALLERIA XTです。
GALLERIA XTを購入した場合には少し大きいので、置く場所に悩む可能性があります。

購入する前には207(幅)×520.7(奥行き)×450.2(高さ) mmというのはピンとこないかもしれません。
基本的なデスクトップ型のパソコンではよくある大きさなので、デスクトップ型パソコンを使っている人であれば大丈夫だと思います。

ただ、現在は小さいPCケースなどがあるので、そういったものを使っている人もいるのではないでしょうか。
そういった人はもう1回りか2回りほど大きいと考えていただければ大丈夫だと思います。

GALLERIA XT対応のモニター

GALLERIA XTは購入の際にはモニターが付属されていないので、注意が必要です。
基本的にはどんなモニターでも対応はしていると思いますが、高いフレームレートを出す場合は対応したモニターが必要です。

購入の際に付属されていないモニターですが、購入のときに追加料金を払えば一緒に購入も可能です。

もし、現在使用しているモニターでよいというのであればそのまま使ってもらえれば大丈夫だと思います。
逆に高いフレームレートを出してゲームをしたいというときは、付属ができるモニターも一緒に購入してください。

GALLERIA XTの性能解説!

グラフィックボードがGeForce GTX 1660 SUPERであることをデメリットとして挙げさせていただきました。
しかし、GeForce GTX 1660 SUPERであっても、現在発売されているゲームであれば全然問題ないと思います。

それに加えて値段が13万円台ということで、一番スペックの高いPCと比べると値段が安めになっています。

これだけではなく、グラフィックボード以外のスペックは特に大きな差はありません。
GeForce GTX 1660 SUPERやCore i7-9700Fがどういったものなのかを詳しく説明していきます!

CPUはインテルのCore i7-9700F

Core i7-9700FはGALLERIA XTに標準搭載されているCPUで発売されているインテルのCPUでも新しいものになっています。

CPUはPCの中の頭脳であり、例えるなら作業をする人間のような役割を果たしています
そして、Core i7-9700Fのコア数は8となっていて、作業をする人が8人いるということ。

例えからこのCPUを搭載しているとPCの処理速度が速いことが分かるのではないでしょうか。

値段もCore i7-9700F単体で4万円ほどするものなので、それほどの高級品が搭載されています。

グラフィックボードは1世代前のGeForce GTX 1660 SUPER

グラフィックボートを例えると、監視カメラの性能と似たようなものになります。
性能がよければ映像が鮮明になりカラーで映すことができます。

グラフィックボードも性能がよいと綺麗なグラフィックでスムーズな動きをしてくれる働きをしてくれるということです。

現在発売されているグラフィックボードはGeForce RTX 2070 SUPERといった2000番台のものがあります。
そのため、GeForce GTX 1660 SUPERは1世代前のグラフィックボードです。

では、GeForce RTX 2070 SUPERのほうがよいのではないか、と思う人もいると思います。
しかし、GeForce GTX 1660 SUPERも性能が悪いというわけではありません

現在発売されているゲームであれば問題なくスムーズに動かしてくれると思います。

SSD 512GBとHDD 2TBのストレージ

GALLERIA XTのストレージには読み込みの速いSSDと大容量のデータを入れることができるHDDを標準搭載しています。

SSDは高額ではありますが、読み込みが速いということは、ゲームの読み込みも速くなるので、ストレスが減ります
そして、2TBのHDDは多くのデータを保存することが可能になっています。

もし、これから実況動画を作りたいといった動画サイトの投稿を考えている場合は撮影した動画が膨大な量になります。

2TBあれば1GBの動画が2000個も保存できることになりますので、データの管理などもしやすくなるのではないでしょうか!

メモリは16GB

メモリというのは例えるならば作業台です。
人間も作業台が広くないと、上手く作業を進めることができません。

メモリが大きければ、それだけCPUも上手く働いてくれるということになります。

ただ、最近のゲームはメモリを多く使うものが多くなってきています。
そこに、動画の撮影であったり、平行して攻略を見ながらとなると少しきついかもしれません。

メモリも購入するときに追加料金で増築できますので、気になる人は増築も考えてはいかがでしょうか。

コスパ抜群のゲーミングPC

ガレリア XTの公式サイトへ!

GALLERIA XTとXFの性能比較

人気No.1と人気No.2のガレリアを比較!

XT XF
OS Windows 10 Home 64ビット Windows 10 Home 64ビット
CPU Core i7-9700F Core i7-9700K
グラフィックボード GeForce GTX1660 SUPER 6GB GeForce RTX2070 SUPER 8GB
メモリ 16GB DDR4 SDRAM 16GB DDR4 SDRAM
SSD 512GB NVMe SSD 512GB NVMe SSD
HDD 2TB 2TB
電源 500W 静音電源 (80PLUS BRONZE) 650W 静音電源 (80PLUS BRONZE)
サイズ 207(幅)×520.7(奥行き)×450.2(高さ) mm 207(幅)×520.7(奥行き)×450.2(高さ) mm
価格 129,980 円(+税) 169,980 円(+税)
ポイント
・GALLERIA XTのほうが4万円ほど安い!
・グラフィックボートの性能で選ぶならGALLERIA XF!
・グラフィックボート以外の性能はそこまで変わらない!

グラフィックボートの性能を見てみるとGALLERIA XFのほうが新しいものなので、軍配が上がります。
しかし、GALLERIA XTに標準搭載されているGeForce GTX1660 SUPERも性能がよいことには変わりありません

グラフィックボート以外のパーツを比べると、電源のW数が少ないかもしれませんが、これは大きな問題ではないです。
もちろん、電源も大いに越したことはありませんが、ゲームをするためであれば関係がない部分です。

その他のパーツはそれほど大きく変わったところがないことも分かると思います。

そのため、性能が気にならないのであれば4万円ほど安いGALLERIA XTをおすすめします!

GALLERIA XTの対応ゲームレビュー

フォートナイト

大人気TPS対戦ゲームであるフォートナイト。
GALLERIA XTでフォートナイトを遊ぶ場合ですが、全く問題はありません。

対戦ゲームで処理が遅く、フレームレートが低くなるのは致命的です。
GALLERIA XTでプレイをすればそういったことも解消できます

高いフレームレートに対応しているモニターと一緒にプレイすれば更に楽しめます!

FF14

国産のMMORPGで未だに人気の高いFF14は綺麗なグラフィックのムービーが見られることでも有名です。
GALLERIA XTの性能であればそういった綺麗なムービーもカクカクすることなく見られるでしょう。

パーティープレイの場合には多くの人が集まり、派手な演出の魔法やアビリティが飛び交います。
性能が低いPCになると、それだけで重くなってしまいますが、GALLERIA XTであれば大丈夫です!

GALLERIA XTを使ってFF14も思い切り楽しむことができます!

ドラクエX

FF14と同じくスクエア・エニックスであり、国産のMMORPGなのがドラクエ10です。
ドラクエ10はFF14よりも要求スペックが低いことからGALLERIA XTを使えば全然大丈夫!

MMORPGなのでパーティープレイはもちろんですが、人の多く集まる場所でも問題ありません

スペックの低いPCになると人が多い場所場所でカクカクしてしまうこともあります。
こういったことが大きなストレスになるので、解消されるのは非常に助かるのではないでしょうか。

エイペックス

エイペックスはFPS視点の対戦ゲームであり、激しい動きをして戦っていく必要があります。
もし、こういったときに動きが遅くなったり、止まってしまえば敵にやられてしまいます。

GALLERIA XTのスペックはエイペックスの推奨スペックよりも高く、そういったストレスはありません!
ゲーム内の不意打ちは仕方ないところですが、ゲームスペックによっての不利は少なくなるでしょう。

スムーズな動きに、速い処理速度を持っているので、ストレス無く遊ぶことができると思います。

モンスターハンターワールド

モンスターハンターワールドはPS4でも発売されている有名なタイトルです。
最大4人で巨大なモンスターと戦うことになり、広大なマップを走り回る必要があります。

こういったゲームになると、読み込みに時間が掛かることがあります。
GALLERIA XTですと、SSDの読み込み速度が速いのでストレスが軽減!

GALLERIA XTのレビューを見ても、問題なく遊べているというものがあるので、安心してください!

ガレリアXFはこんな人が買うべき!

ガレリアXFのおすすめ度
価格
(4.0)
スペック
(3.0)
グラフィック
(3.5)
配信環境
(4.0)
初心者おすすめ度
(4.0)
総合評価
(3.5)

タツP

スペックの高いPCが欲しいけど、予算がそれほど出せないという人や初めてゲーミングPCを購入する人におすすめ!

まとめ:GALLERIA XTで快適なゲームライフを!

GALLERIA XTはGALLERIA XFと比べると、グラフィックボートの性能で劣ってしまっています。
しかし、この辺りは人間の感覚的に言えば気になるほどではなく、純粋にゲームを楽しむのであれば気にならないところです。

今後新しいゲームがどんどん発売されると思いますが、それらにも問題なくついていけるスペックだと思います!

ぜひGALLERIA XTを購入してストレスの無い、快適なゲームライフを送ってみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です