【2020年最新】ガレリアXF評価&レビュー! コスパ最強PCを徹底調査!

評価:4.5

タツP

今回はゲームPCでも圧倒的な人気を誇るGALLERIA XF 2070Superを隅々まで解説していきます!

どーも!タツPです!@tatsu_70okugame

今回は、GALLERIAシリーズのPCの中で人気ゲーミングPC第1位であるGALLERIA XF 2070Superを隅々まで解説していきます!

GeForce RTX2070 SUPERを搭載しているハイスペックなPCなので、様々なゲームもストレスなく遊ぶことが可能です!

ストレージも多く搭載しているので、ゲームだけではなく撮影にも使えることからコスパも高いことが分かります。

GALLERIA XF 2070Superの評価から性能の解説をしていきますので、ぜひ参考にしてみてください!

GALLERIA XF 2070Superのスペック評価

 

性能
OS Windows 10 Home 64ビット
CPU Core i7-9700F
グラフィックボード GeForce RTX2070 SUPER 8GB
メモリ 16GB DDR4 SDRAM
SSD 512GB NVMe
HDD 2TB
電源 650W 静音電源 (80PLUS BRONZE)
サイズ 207(幅)×520.7(奥行き)×450.2(高さ) mm
価格 169,980 円(+税)

 

メリット:GALLERIA XF

メリット
・GeForce RTX2070 SUPER搭載で高画質ゲームもストレスフリー!
・高スペックPCなので1度買えば数年は買わなくても大丈夫!
・512GBのSSDと2TBのストレージでゲーム録画などに応用がきく!

タツP

高いスペックに大容量ストレージつきなので、最低でも5年は現役で使えるPCだと思います。

 

デメリット:GALLERIA XF

デメリット
・値段が17万円ということで高値である
・最新ゲームをやるのであればメモリが16GBでは少ない
・購入のときは本体だけなのに注意

タツP

17万円以上もするので、少し高いです。最近のゲームはメモリを多く使うものも多いのでもう少し欲しいところ。

 

GALLERIA XF 2070Superの大きさ

GALLERIA XF 2070Superの大きさは207(幅)×520.7(奥行き)×450.2(高さ) mmです。
画像は一般的なデスクに24インチのディスプレイとGALLERIA XF 2070Superを置いたものになっています。(購入する際にディスプレイは付属していません)

デスクトップ型のパソコンなので大きく、幅を取りますのである程度広いデスクが必要になると思います。
ゲームは大画面でプレイしたいという人もいるのではないでしょうか。
その場合には、デスクのスペースが広いものを購入するか、広いスペースの確保が必要です。

GALLERIA XF 2070Superを購入するときには、本体を置くスペースに余裕があるほうがよいでしょう。

GALLERIA XF対応のモニター

GALLERIA XF対応のモニターは多くあるので、自分で探すのは大変という人もいると思います。
構成を変えない場合はGALLERIA XFを購入するときにモニターは付属されずに、本体だけになっています。

そこでGALLERIA XFに対応したモニターを気軽に選びたいときは、span class=”keiko_yellow”>構成を変更して購入するようにしましょう。

GALLERIA XFの構成を変更して購入する画面に周辺機器でモニターをつけることができるようになっています。
追加できるモニターは全てGALLERIA XF対応になっていますので、自分にあったモニターを探せると思います。

GALLERIA XFの性能解説!

17万円以上の値段がするGALLERIA XFですが、それに見合ったスペックをしています。
そのため、現在発売されているほとんどのゲームや、今後発売されるゲームにも多く対応できるのではないでしょうか。

このようにGALLERIA XFが高スペックというご紹介はしてきました。
では、どのくらい高いスペックをしているのか、パーツごとに性能を解説していきます!

CPUのCore i7 9700KやグラフィックボードのRTX 2070SUPERがどのくらいの性能なのかもご紹介します!

CPUはインテルのCore i7 9700K

CPUは例えるならばPCの頭脳です。
GALLERIA XFのCPUはインテルのCore i7 9700Kが搭載されているモデルになります。

2020年1月現在で発売されているインテルのCPUではCore i9 9980XEが一番よい性能をしています。
しかし、Core i7 9700Kはi7シリーズであり、i9はその次の世代のCPUです。

Core i7 9700Kはi9よりも前の世代になりますがGALLERIA XFを含めて高スペックPCに多く搭載されています。
それだけではなく、i7シリーズの中では一番よい性能をしているため十分すぎるCPUといってよいでしょう。

グラフィックボードはほぼすべてのゲームOKなRTX 2070SUPER

グラフィックボードの性能がよくないと高画質のゲームをプレイするのに読み込みに時間が掛かったりと、ストレスを感じてしまいます。
それを解消してくれる高いスペックを持ったグラフィックボードがRTX 2070SUPERです。

RTX 2070SUPERは様々なゲームのベンチマークで高評価を出しているグラフィックボードです。
RTX 2070SUPERを発売しているNVIDIA社でも、この値段帯のグラフィックボードでRTX 2070SUPER以上のものはないとうたっています。

アクションゲームには一瞬が大切な場面がやってきますが、RTX 2070SUPERはスムーズな処理で動きが遅くなることはないでしょう。

SSD 512GBとHDD 2TBのストレージ

SSDはHDDよりも読み込みが早く、ゲームを入れておくことでもロード時間の短縮などに繋がります
そのため、ゲームをインストールする先にするのに非常に便利です。

OSなどが入るため512GB全てを使えるわけではないですが、ゲームをいくつもインストールさせるだけの容量はあります。

HDDも2TB搭載されているので、他のデータの管理などもしやすいと思います。
このPCでゲームの撮影や実況動画を作りたいという人も、これだけの容量があれば動画のファイル管理がしやすいのではないでしょうか。

SSDとHDDの両方が搭載されていることで、多用な使い方ができますので、GALLERIA XFは便利なPCでもあります。

メモリは16GB

メモリは例えるならば、人が作業するための台です。
GALLERIA XFのメモリは16GB搭載されているので、比較的広い作業台と言えるでしょう。

16GBのメモリというのは最新のゲームをする場合には少し物足りないのではないかと感じます。
そのため、構成の変更で追加料金を払いメモリを増築する方法も考えられます。

ただ、メモリの増築は難しくありません
マザーボードにメモリを差し込むカードリッジがありますので、そこに差し込むだけです。
そのため、必要になったら自分で増築をするという形でも大丈夫だと思います。

気にしないという人は16GBでも十分かもしれません。

GALLERIA XF ガレリア XFの公式サイトへ!

GALLERIA XFとZFの性能比較

RTX 2070SUPERのガレリアと比較!

XF ZF
OS Windows 10 Home 64ビット Windows 10 Home 64ビット
CPU Core i7-9700F Core i7-9700K
グラフィックボード GeForce RTX2070 SUPER 8GB GeForce RTX2070 SUPER 8GB
メモリ 16GB DDR4 SDRAM 16GB DDR4 SDRAM
SSD 512GB NVMe SSD 512GB NVMe SSD
HDD 2TB 2TB
電源 650W 静音電源 (80PLUS BRONZE) 650W 静音電源 (80PLUS BRONZE)
サイズ 207(幅)×520.7(奥行き)×450.2(高さ) mm 207(幅)×520.7(奥行き)×450.2(高さ) mm
価格 169,980 円(+税) 195,980 円(+税)
ポイント
・マザーボード以外のパーツは全部同じなので、ほぼ同じスペック
・自分で構成をいじる場合にはマザーボードの自由度が高いGALLERIA ZF!
・どちらがよいか迷っている人は値段が安いGALLERIA XFがおすすめ!

GALLERIA XFとZFは大きなスペックの差はありません
大きな差はないというよりも、マザーボード以外のパートはほとんど同じです。

同じパーツではありますが、値段が25,000円ほど差がありますので、特に理由がないのであれば値段の安いGALLERIA XFがおすすめ!

GALLERIA XFとZFのマザーボードの差はソケット数によるものです。
ZFに搭載されているマザーボードのほうがソケット数が多いので、後々自分でいじるときは便利だと思います。

購入後に自分で構成を変えたいと考えている人は自由度の高いマザーボードが搭載されているGALLERIA ZFを選ぶとよいでしょう。

ガレリアXFの対応ゲームレビュー

フォートナイト

フォートナイトはTPS視点のゲームであり、PvPのゲームなので激しい動きや一瞬が命取りになるゲームです。
そのため、ゲームの読み込みでFPSが下がってしまうのは対戦をするにあたって致命傷になるときがあります。

フォートナイトの推奨スペックとGALLERIA XFのスペックを比べると十分にGALLERIA XFのスペックは満たされています。
それだけではなく、高品質の画質にしてもフォートナイトをストレスなく遊ぶことができますので、おすすめです。

FF14

FF14は2013年に運営開始され、今でも続いているロングセラーMMORPGです。
それに加えて現在でも高画質のゲームなので、PCにある程度のスペックが要求されます。

パーティープレイになると複数人で集まるので、魔法やアビリティなどのエフェクトが激しくなります。
GALLERIA XFのスペックあれば重くなる事はなく、読み込みも遅くならないのでタイミングが狂わずに魔法を掛けることが可能です。

パーティープレイでボスに挑むときは読み込みの遅さは命取りになりますので、GALLERIA XFは十分なスペックということが分かります。

ドラクエX

ドラクエXの必要スペックと必須スペックを見てみると、少し前のゲーミングPCであれば普通に動くことが分かります。
元々それほど高いスペックを要求していないゲームなのでGALLERIA XFがあれば快適に遊べます!

通常重くなるであろうパーティープレイもGALLERIA XFのスペックあればカクカクせずスムーズです。

人が多く集まる場所でもグラフィックボードの性能がよいので、気にせず移動できるでしょう。

エイペックス

エイペックスは一人称視点のゲームになっています。
一人称視点のシューティングゲームなので、激しい動きなどに対応できるスペックのPCでなければ難しいです。

GALLERIA XFのスペックであれば高いFPS数を維持できますので、対戦のときもストレスなく戦うことができます。
今まで対戦で重くなったり、一瞬止まることがあったという人はそれがなくなると思います。

対戦ゲームは少しの重さでも致命傷になりますので、高いスペックのGALLERIA XFがあると便利です。

モンスターハンターワールド

PS4で発売しているモンスターハンターワールドがPCでも発売になりました。
推奨スペックとGALLERIA XFのスペックを比べてみると、十分にモンスターハンターワールドで遊ぶことができるのが分かります。

モンスターハンターワールドは広大なマップからモンスターを探したり、探索をします。
すると、マップの読み込みなどに時間が掛かってしまいますが、を搭載しているGALLERIA XFであれば読み込みが速くストレスが少ないです。

大型モンスターだけではなく、小型モンスターが多く集まるところでもPCが重くなることはありません。
思う存分に一狩りいけるのではないでしょうか。

ガレリアXFはこんな人が買うべき!

ガレリアXFのおすすめ度
価格
(3.5)
スペック
(4.0)
グラフィック
(5.0)
配信環境
(5.0)
初心者おすすめ度
(3.0)
総合評価
(4.5)

タツP

現在発売されているほぼ全てのゲームがプレイできます。値段が高いのがネックですが、高いコスパが魅力的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です